消費者金融の全般・概要

スポンサーリンク
消費者金融の全般・概要

消費者金融の特徴

即時審査、多様な返済方法、リボルビング方式、自由返済システム、手数料不要などの消費者金融の特徴。
消費者金融の全般・概要

銀行と消費者金融における融資の違い

 銀行も消費者金融も個人向け融資をしています。では具体的にどのような違いがあるのでしょうか。銀行は消費者金融と違い預金業務を行っています。預金サービスにはお金を預かるだけでなく、口座間の送金サービスや各証券類の現金化や決済の代行などをおこなっており、そういったサービスから個人、企業から預金を集めています。預金によって集めた資金は企業向け融資や個人向け車や住宅ローンサービスの資金となっています。...
消費者金融の全般・概要

消費者金融の収益構造

 消費者金融は貸付によって得られる受け取り利息と手数料を収入源としています。  消費者金融から借り入れた場合、毎月決まった額を返済していく「リボルビング形式」での取り扱いになるため、消費者金融側からすると毎月決まった収益を得ることができます。当然その返済額の中に利息も含まれています。このようなビジネスモデルは「ストックビジネス」と呼ばれています。ストックビジネスの利点は毎月決まった収益を上げ...
消費者金融の全般・概要

金融業界における消費者金融の立ち位置

 消費者金融は金融業界の中でも最も消費者にとって身近に融資をしてもらえる立場にあります。街中や郊外の幹線道路にもたくさんの看板を見かけると思います。お金が必要な時にすぐに借り入れをできる機関として機能しているのが消費者金融です。消費者金融のターゲットは一般消費者のみで企業や営利組織に融資はしていません。  消費者金融が取り扱っている商品は融資のみです。また借り入れる際に担保(万が一借主がお金...
消費者金融の全般・概要

貸金業の登録制度

 貸金業と言うものは、事業者や消費者を対象にして金銭を融資する、銀行や信用金庫等を除く事業と定義付けられています。この貸金業は、預金の受け入れは行わず融資のみで営われているのです。銀行は預金によって貸し付け原資を調達しますが、貸金業者は資金調達を銀行や別の金融市場から行うのでノンバンクとも呼ばれています。ただ、一般的な消費者金融にはこの呼び方はあまり用いられていません。  この貸金業を行う時...
消費者金融の全般・概要

バブル最盛期と崩壊後の消費者金融

 バブル最盛の頃の日本は、まるで熱病に翻弄されていたようでした。急激としか言いようのない上昇を続ける土地価格に、人々は狂喜します。極端なケースでは、数ヶ月の短期間に50%程の地価上昇がみられた地域もありました。「土地は必ず値上がりする」この土地神話を信じて「今この時期に土地を買わないと損をする」と考えた人達は、土地投機に殺到したのです。当時は、この土地神話に踊らされた銀行をはじめとする金融機関...
消費者金融の全般・概要

消費者金融の歴史

 江戸時代から庶民向けの金融があった事が古い記録に残されています。当時の大名や大商人等の信用のおける相手に、両替屋と呼ばれる金融業者が年利約18%でお金を貸していましたが、一般の庶民はこの両替屋を利用出来ませんでした。彼らはお金に困ると主に着物等の質草を預けてお金を借りる「質屋」を利用していたのです。他に「素金」と呼ばれる庶民向けの高利の金融があり、更に下層の貧しい人達は「日銭貸し」と呼ばれる...
スポンサーリンク