改正貸金業法

スポンサーリンク
改正貸金業法

改正貸金業法により淘汰される貸金業者

 キャッシングやカードローンなどの融資というものは、審査が厳しくて色々な条件を要求されるものほど金利が安く返済期間も長い安全なものなのです。相当シビアな審査を伴う公的融資や銀行の住宅ローンがこれに該当します。次に、銀行の教育ローン等の目的ローンも使途を細かくチェックされ、もちろん収入証明も必要になってきます。大手ノンバンクの事業性ローンでは、決算書や納税証明だけでなく取引先の確認まで求められる...
改正貸金業法

貸金業法改正後のヤミ金対策

 ヤミ金融のニュースが流れると「何で、そんな金利の高い危ない業者でお金を借りたんだろう?」と言う声を聞く事があります。実は、このような被害者は、もうそんな危ないところでしか融資を受けられなかったのです。最初からヤミ金融でお金を借りる人など何処にもいません。消費者金融の利用者は、一般の公的融資や銀行系ローン、クレジットカードを利用出来ない、もしくは既に融資枠が一杯の人が殆どだそうです。この消費者...
改正貸金業法

みなし弁済

 2006年から段階的に行われてきた貸金業法の改正によって、消費者金融は大きな見直しを迫られています。この改正された貸金業法を簡単に説明すると、貸金業への参入に必要な純資産額の5000万円への引き上げ、執拗な取り立て行為の規制、債務者の自殺による生命保険での弁済の禁止、年収の1/3を超える貸し付けの禁止、出資法の上限利率(29.2%)を20%に引き下げる事によるグレーゾーン金利の廃止、ヤミ金融...
改正貸金業法

グレーゾーン金利

 2010年に完全施行された改正貸金業法は、消費者金融を取り巻く様々な状況を一変させました。日本中に多重債務者を生み出し、破産だけでなく多くの自殺者を生み出した原因は果して何だったのでしょうか。「借りた者が悪い」と言ってしまえばそれ迄ですが、融資を実行する貸金業者側にも多くの問題がありました。また、グレーゾーン金利と呼ばれた曖昧な金利体系を作った行政にもトラブルを誘発する原因があったのです。こ...
スポンサーリンク