消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

スポンサーリンク
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

消費者金融と自己破産

 生活費の困窮から消費者金融で融資を受けた人が返済に息詰まり、更に他の金融業者から融資を受ける。殆どの人は、この繰り返しで多重債務者になっていきます。この最終的に返済不能に陥った多重債務者の最後の救済が自己破産になります。消費者金融の最盛期には、この自己破産を選択する人が全国で急増したと言われています。  あまりの破産事故件数の増加に伴って、2005年に新たな新破産法が施行されています。これ...
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

消費者金融とブラックリスト

 消費者金融が急成長したいた頃の夕刊紙やスポーツ紙の広告に「ブラックOK」と言う言葉がありました。このブラックと言うのは信用情報機関に記録された多重債務者のブラックリストの意味と推察されますが、そもそもブラックリストは存在しないのです。  消費者金融に関する個人情報はJICCと呼ばれる日本信用情報機関が統括して管理していますが、ここには個人の氏名、生年月日、現住所に続いて融資を受けている各消...
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

消費者金融からの借入による多重債務

 借金に全く関係のない人達にすれば、多重債務者と言う言葉はあまりピンと来ないかも知れません。確かに収入に見合った生活をしていれば、予定外の借金をする必要がないのです。一般の方からすると、この多重債務者は仕事が嫌いで遊びやギャンブルが大好きなイメージがあるそうです。しかし、この指摘は偏見と言えるかも知れません。  バブル崩壊後の日本はかってない程の深刻な不況に見舞われました。多くの企業は業績不...
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

消費者金融による借金の取り立て方法

 サラ金と呼ばれていた消費者金融は、一時期強引な取り立てが問題になっていました。定められた返済期日を過ぎた翌日から、いえ、銀行振込み指定だと午後3時の返済期限迄に振込みが出来なかった場合には僅か数分後に確認の電話をする業者もあったと言われています。この催促の電話に出られなかった時は留守番電話に「〇×ファイナンスです。本日のお約束の入金が確認出来ません。どうされましたか?連絡を下さい。」のメッセ...
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

悪質な貸金業者

 どんな業界にも悪質業者は存在します。消費者金融において、違法業者と悪質業者は同一ではありません。貸金業の改正によって事実上廃止されたグレーゾーン金利ですが、過去にこの金利で融資契約をしていた業者は全て違法業者と言う事になります。  このグレーゾーン金利と言うものは、刑事罰の対象ではありませんが民事上では容認されておらず、過払い利息分については債務者の返還請求に応じる義務があると言うものです...
消費者金融の社会問題・トラブル・注意点

ヤミ金と違法な街金には手を出さない

 消費者金融はお金を貸す人に対して審査を行います。借り手に十分な返済能力があるか、安定した職業についているかなど、人の信用を担保に融資するので、たとえ銀行とは違った審査基準であっても審査が通らない人もいます。そういった人たちが利用してしまうのが違法なヤミ金業者です。  貸金業者の中で上限利息である年利20%を超える融資を行っている業者は全て違法営業をしていることになります。現在の法律では上限...
スポンサーリンク