消費者金融とブラックリスト

スポンサーリンク

消費者金融とブラックリスト

 消費者金融が急成長したいた頃の夕刊紙やスポーツ紙の広告に「ブラックOK」と言う言葉がありました。このブラックと言うのは信用情報機関に記録された多重債務者のブラックリストの意味と推察されますが、そもそもブラックリストは存在しないのです。

 消費者金融に関する個人情報はJICCと呼ばれる日本信用情報機関が統括して管理していますが、ここには個人の氏名、生年月日、現住所に続いて融資を受けている各消費者金融業者との取り引き履歴が記載されています。主に取り引き開始日や融資残高の他に完済や延滞等の支払い状況が記載されていて、登録業者からの照会に随時対応している訳です。一般的にブラックリストと表現されるのは、この中で事故情報に該当する異動情報と見られます。

 この異動情報とは、3ヶ月以上の延滞、特定調停、任意整理、代位弁済等に加えて官報にも記載される自己破産、民事再生になります。この個人情報は、銀行系の全国銀行個人信用情報センターの場合は、契約期間中および契約終了から5年を超えない期間は継続して登録されています。

 これらの異動情報は消費者金融の日本信用情報機関と銀行系の全国銀行個人信用情報センターやクレジット関係のC.I.Cとも相互の個人情報が共有されているのです。以前はそれぞれの登録業者は自分の属する情報機関でないと個人情報を取得する事が出来なかったのですが、現在では全ての情報機関が連動しているので総量規制が円滑に機能しているのです。

 個人情報は消費者が返済能力を超えて融資を受けないように管理されています。現在でも、多重債務者に対して存在しないブラックリストを悪用している悪質業者は存在しているので充分注意して下さい。「ブラックでも融資します」「ブラック情報を消します」こんな事を言う業者には一切関わらないのが得策なのです。

スポンサーリンク

フォローする