ヤミ金と違法な街金には手を出さない

シェアする

スポンサーリンク

 消費者金融はお金を貸す人に対して審査を行います。借り手に十分な返済能力があるか、安定した職業についているかなど、人の信用を担保に融資するので、たとえ銀行とは違った審査基準であっても審査が通らない人もいます。そういった人たちが利用してしまうのが違法なヤミ金業者です。

 貸金業者の中で上限利息である年利20%を超える融資を行っている業者は全て違法営業をしていることになります。現在の法律では上限利息は年利20%となっています。しかし、かつての上限利息の29.2%から現在の20%に引き下げられた結果、審査基準が厳格化し、融資を受けられない人たちが増えました。そうした人たちが、違法業者とわかっていても現金が必要なことから違法業者から借り入れをするケースが増えています。

 ヤミ金の貸付は上限金利以上の利息が大半で、大手消費者金融からは考えられない様な金利を設定しています。また、支払い督促はしばしばあり脅迫にまで発展します。どうしても現金が必要な人たちは金利が高いとわかっていても、借り入れをしてしまいます。また、印鑑証明や家族の口座情報と引き換えに融資をするヤミ金もあり、おれおれ詐欺などの情報を手に入れるために融資をするケースもあります。

 ヤミ金から借り入れをする人達は多重債務者の人が圧倒的に多いです。多額の借金がなければ一般的な金融機関から融資を受けられますが多重債務者は事情が違います。その日の返済に必要なお金を求めヤミ金に手を出してしまいます。ヤミ金の融資は少額のものからあり、金利は10日で40%などと、法外な金利を要求してきます。

 ヤミ金には手を出さず、返済に困った場合は弁護士の無料相談やNPO法人の多重債務相談所などにまずは問い合わせをしましょう。専門的な方がしっかりアドバイスしてくれます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする