消費者金融含む貸金業界における再編

スポンサーリンク
消費者金融含む貸金業界における再編

消費者金融の再編と今後

 利息制限法の改正法が2010年6月に施行されたことで、これまで消費者金融が得られていた利息収益は限定されたものになりました。かつての消費者金融大手の武富士は倒産し、中小零細の貸し金業者も淘汰されました。  現在の消費者金融業界は利息制限法の改正により年利20%を超える融資サービスを提供することはできなくなりました。また、裁量規制により借入人側も年収の3分の1以上の借り入れをすることができな...
消費者金融含む貸金業界における再編

消費者金融の改革

 日本の消費者金融の歴史は古く、江戸時代には質屋に家財などを差し入れることにより融資を受けることができました。戦前までは無担保による一般消費者の融資はリスクが大きい(貸し出して回収できない可能性が高い)ため、基本的には土地や建物の不動産をはじめ、当時は比較的高価だった家財や布団や背広などを担保にした融資が一般的でした。戦後の目覚しい経済成長により企業に勤めている人を対象に信用貸しが行われるよう...
消費者金融含む貸金業界における再編

消費者金融の変遷と遷移

 消費者金融の大きな特徴は融資までの審査がとても早いのと、無担保での融資で、融資額が小口のものが多い店です。しかし、現在のような消費者金融というクリーンなイメージを作り上げるまでには数々の規制や、改革が行われてきました。  1960年代はそれまで主流だった質屋にとってかわり貸金業が台頭しました。サラリーマンの増加と景気の向上でヒトの信用が上がったことが貸金業の台頭を後押ししたようです。197...
消費者金融含む貸金業界における再編

日本における消費者金融と金融の将来

 日本が借金大国と呼ばれるのは、国債発行残高が2011年現在で768兆円もあるからなのです。マスコミで引用された日本の債務問題の表現に「年収420万円の給与所得者が4500万円のマンションを住宅ローンを組んで購入したものの、生活費が足りなくて毎年360万円の借金をしながら生活している」と言うものがあります。これだけの借金がありながら国際的な信用格付け会社は、日本に対して上位の評価を崩していませ...
消費者金融含む貸金業界における再編

改正貸金業法による消費者金融のメリット

 バブル崩壊が契機となって急成長を遂げたのが消費者金融業界です。不況によるリストラや収入減によって生活資金に困窮した人達が消費者金融に救いを求めたのです。これらの大手金融業者は、当時積極的にテレビコマーシャルや広告に乗り出し「サラ金」のダーティーなイメージから脱却して明るく爽やかな消費者金融を印象づける戦略に出ます。しかし、幾ら明るいイメージをアピールしても、業界内で繰り返された執拗な取り立て...
消費者金融含む貸金業界における再編

消費者金融の銀行など大手金融機関との提携

 銀行の取り扱う個人向け融資の主力は住宅ローンです。この人生で最も大きな買い物をする為には、何十年もの住宅ローンを組むのが一般的です。このローンを契約する為には、様々な準備書類が必要です。特に、返済能力に関しては担当者から厳しく審査されますが、高額の融資を受ける上では当然のチェックと言えるでしょう。この住宅ローンは、融資実行と同時に対象物件に抵当権が設定され、契約者には死亡時にローン残高を相殺...
スポンサーリンク