世界の消費者金融とその歴史

スポンサーリンク
NO IMAGE 世界の消費者金融とその歴史

アメリカの消費者金融

 アメリカの消費者向け金融市場は非常に大きな市場となっています。世界で一番の消費大国であるアメリカは消費者向けの各種ローンが充実しており、そのローンを利用することで一般消費者たちは住宅や車やその他の消費財を購入できています。もっとも利用されている金融商品はクレジットカード、住宅ローン、自動車ローンの3つです。  日本のように小口融資を専業とした消費者金融という業態はアメリカでは無く、クレジットカ...
NO IMAGE 世界の消費者金融とその歴史

世界各国の消費者金融

 消費者向け金融サービスは大きく分けると各種ローン、保険、投資運用に分類できます。その中でも、ローンは購入目的に対しての融資をする(貸出)サービスです。カーローン、住宅ローン、フリーローンが代表的なローンサービスと言えます。世界においてもこの3つのサービスは一般的なようですが、金利や審査に関しては各国で違いがあるようです。  イタリアにも同様のローンサービスがありますが、フリーローンに関しては担...
NO IMAGE 世界の消費者金融とその歴史

イギリスの消費者金融

 イギリスにおける金融業界は1980年代から革命が起こり、金融ビッグバンと言われました。銀行、証券、保険業間の規制緩和が段階的に実施され、投資信託を初め、保険や個人融資(リテールローン)も取り扱うようになりました。それまでの銀行は一般消費者を対象とした金融商品の販売はしておらず、一部の富裕層や企業に対しての融資、投資が事業の中心でした。しかし、経済が発展するにつれ、国民の所得が上昇したため、個人向...
世界の消費者金融とその歴史

消費者金融の起源

 紙幣が取引で使用されたのは中世のヨーロッパが始まりです。紙幣が価値を持つ前は、物々交換が取引の主流でした。農業を営んでいる人は農作物と引き換えに必要なものを手にする事ができました。しかし、農作物が収穫できない間も生活していく上で必要なものが発生します。そこで、収穫後に多めに渡すことを条件に食料や必要品を得ていました。多めに渡す行為は現代における利息と捉えることができます。このような取引形態は...
スポンサーリンク